ブログ

事業復活支援金 不備修正支援

1.不備通知が届きます

申請に不備・不足があると事業復活支援金事務局から下記のメールが届きます。

「事業復活支援金に関する追加対応が必要な事項がございました。マイページにてご確認の上、ご対応いただきますようお願いします。」

言われた通りマイページを確認してみると不備内容の連絡項目に次のような内容と対応が記載されています。

◆添付いただいた「○○」の内容を確認することができませんでした。以下の可能性がありますのでご確認の上再申請ボタンを押してください。

・添付書類にパスワードが設定されている

・画像がぼやけて情報が判読できない

・撮影時の角度により、必要な情報が撮影範囲から見切れている

・画像が小さく、書類を判別できない

◆添付いただいた○○年分の「確定申告書類」では「税務署等により収受されたこと」を確認できません。収受印や受付日時・受付番号の印字がない場合は申請書類をご確認の上、「受信通知(メール詳細)」、又は「納税証明書(その2所得金額用)」(事業所得金額の記載のあるもの)をご提出ください。

多くの不備通知は上記のような内容だと思いますので比較的不備の内容がわかりやすく、修正も簡単にできますのでさほど対応に困ることはありません。

しかし、中には複雑な内容や言い回しが抽象的で理解できないもの、どう対応すればよいか判断に苦しむものもあります。

また、苦労しながらもなんとか事務局コールセンターに相談しながら修正申請を終え、日常業務に戻るもつかの間、再び不備通知が届くといった連続不備通知や一挙に5つ・6つなど同時に複数の不備通知が届くといった場合もあります。

このような場合には困ってしまい、どうしていいかわからず頭を抱えることになります。

 

2.最も重要なのは不備通知の正確な把握です

不備通知が理解できないと、つい、対応を後回しにしてしまいがちですが不備対応には一定の解消期間が定められており、申請を修正しないでいると事務局から不備解消期間のメールおよび不備解消依頼書が届きます。

見えない期限や定められた期限を意識しながら、焦りながら時間を見つけてはコールセンターに問合せをしたり、追加書類を集めたりなど、手間暇がかかるうえ精神的にも負担が生じますが不備内容を正しく理解して適切な対応であれば、かけた手間暇・精神的な負担は報われます。

しかし、指摘事項をあいまいに理解して見当違いな対応をとると、差し戻し、再申請、差し戻しといった不備を繰り返すことになり、更に多くの時間と労力が奪われることになります。また、こうなってしまうと不備を繰り返すうちに内容が複雑化してしまい、最終的には給付の可能性を失うことが否定できない状態に陥ってしまいます。

 

不備通知が届いたら内容を正確に把握することが不備解消で最も重要になります。

 

3.当事務所にご相談ください

当事務所は多くの事業復活支援金に関する対応(相談、要件確認、事前確認、申請代行、不備修正)に携わっております。

・不備の内容がわからない

・不備の数多くて対応できない

・正確に対応したい

などございましたら当事務所までご相談ください。

ご相談後、申請フォームにて不備内容を確認させていただきます。
対応可能な場合にはご依頼をお受けいたします。

※必要書類が準備できない場合はご対応できかねますのでご注意ください。
※当事務所における不備対応は給付をお約束するものではありません。あくまでも不備通知内容を申請要領等に照らし合わせ確認し、今までの知識を活かし事務局と相談しながら最適な対応を実施するものとなっております。

 

4.費用について

当事務所では3つの費用形態をとっております。
下記のいづれかをご選択ください。

基本型(全額前払い制)
一律33,000円

成功報酬型(着手金+成功報酬)
一律55,000円(着手金11,000円+成功報酬44,000円)

完全成功報酬型
一律77,000円

※基本型および成功報酬型の着手金は不備修正に伴う時間と労力に係る対価としておりますので給付・不給付関わらず発生いたします。

 

5.ご相談の流れ

➀ご相談(お問合せフォームまたはお電話)
➁内容・費用のご説明
③当事務所で申請者様の申請フォームを確認
④ご依頼
⑤費用のお振込み(一般型又は成功報酬型の場合)
⑥不備修正着手
⑦不備対応申請
⑧審査
⑨給付
⑩費用のお振込み(成功報酬型または完全成功報酬型の場合)

 

さいたま市・川口市・越谷市・春日部市・草加市・八潮市の事業復活支援金

浦和美園・東川口・東浦和の事業復活支援金の不備修正に係るお問い合わせ・ご相談はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る