すべて

  1. 事業復活支援金 不備修正支援

    1.不備通知が届きます申請に不備・不足があると事業復活支援金事務局から下記のメールが届きます。「事業復活支援金に関する追加対応が必要な事項がございました。マイページにてご確認の上、ご対応いただきますようお願いします。

    続きを読む
  2. 事業復活支援金の申請手続き代行します

    1.事業復活支援金とはコロナの影響を受けた事業の継続・回復の支援を目的として経済産業省・中小企業庁が中小法人、個人事業者等向けに最大250万円の支援金を給付しています。

    続きを読む
  3. 農地転用 期間

    農地転用で気にかかるのはその期間です。目的となる事業を実施するには計画を立て準備し、実行に移していくことになると思いますが、農地転用の申請から許可が下りるまでどれぐらいかかるか期間を把握しておかないと最初の段階である事業計画が立てられません。

    続きを読む
  4. 農地転用 農地を宅地にするには

    農地に家を建てたい。相続した畑にアパートやマンション等の物件を建てたい。譲ってもらえそうな農地に高齢者向けの施設や保育施設を作りたい。

    続きを読む
  5. 農地転用 費用

    農地転用を決めた後に気になるのは手続きにどれだけ費用がかかるかだと思います。費用の内訳としては、1.申請手数料 2.書類の取得費等 3.専門家への報酬に分けられます。1.申請手数料結論から言うと、農地転用の申請自体に費用はかかりません。

    続きを読む
  6. 建設業許可 建設業とは

    建設業許可の取得は建設業を営む事業者にとっては例外を除き必須ですが、そもそも建設業とはどのようなものを言うのでしょうか。1.建設業とは家を建ててくれる「大工」さんでしょうか、それとも「とび」の方でしょうか。

    続きを読む
  7. 相続 わかりやすい基礎知識

    現在、日本では年間約138万人の方が亡くなっています。死亡者数は年を追うごとに増加しており、2017年は134万人 2018年では136万人と昭和52年の69万人から約40年間右肩上がりで推移しています。

    続きを読む
  8. 遺言書 費用

    遺言書を残そう思ったときに気になるのが費用です。自筆証書遺言や公正証書遺言など遺言書の形式によってかかる費用は異なります。また、行政書士や弁護士等の専門家に依頼するかしないか、依頼する場合どの専門家に任せるかで負担する金額は変わります。

    続きを読む
  9. 遺言書 特別受益の持戻しと持戻し免除

    遺産を分ける際、法定相続分を目安にするのが一般的です。子2人が相続人だった場合、1/2ずつなどがその例となります。ですが、相続人の一部の人が故人から生前に金銭の支援を受けていた場合、法定相続分で遺産を分けてしまうと支援を受けていない他の相続人は公平でないと不満を感じることになるでしょう。

    続きを読む
  10. 遺言書 効力

    遺言書に記載した事項には法的効力が伴います。遺言者の最後の意思ですので最大限尊重すべきものとなっています。しかしながら、書いたものすべてが尊重され法的効力が認められるわけではありません。法律に定められた事項、つまり遺言事項のみに有効性が認められることとなっています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る