ブログ

  1. 持続化給付金 申請手順(中小法人等事業者)

    持続化給付金 申請手順の中小法人等事業者版です。個人事業者版と若干ちがいますので個人事業者の方はこちらを参考にしてください。以下経済産業省「持続化給付金」ホームページをもとに当事務所が加工・編集したものになります。

    続きを読む
  2. 持続化給付金 申請手順(個人事業者)

    現在、経済産業省が窓口となり持続化給付金の申請受付・給付が始まっています。一般的に行政の手続き、とくにお金が絡む手続きは複雑なことが多いですが持続化給付金はその目的から他の補助金・助成金と比べ申請が非常に簡素になっています。

    続きを読む
  3. ビザの種類 就労ビザ

    外国人が日本に滞在して活動するにはビザ(在留資格)が必要になります。ビザには多くの種類があり、外国人が日本でおこなう活動内容によって取得する種類が違います。就労ビザビザは大きく分けると就労系(就労系在留資格)と身分系(身分系在留資格)に分けて考えられます。

    続きを読む
  4. 遺言書 遺留分

    遺言書・相続を調べていくと必ず出てくる言葉の一つに遺留分があります。遺留分を知ることは遺言書を作成するにあたって非常に重要であり、この遺留分を考慮した内容を遺言書に書くことがトラブル回避や円満な相続に繋がります。

    続きを読む
  5. 遺言書 検認

    公正証書を除く遺言書には家庭裁判所での検認が必要です。検認とはどのようなものでどのようにして手続きを進めていくかまとめてみました。1.検認とは裁判所Webサイトではこのように紹介されています。遺言書(公正証書による遺言を除く。

    続きを読む
  6. 遺言書の書き方 公正証書遺言

    遺言書には自分で書ける自筆証書遺言と公証人に依頼して作成する公正証書遺言が一般的です。信頼性が高くもっとも安心と言われる公正証書遺言の書き方について紹介します。1.公正証書遺言とは公正証書遺言は公証役場で公証人に依頼をして作成する遺言書です。

    続きを読む
  7. 遺言書の書き方

    遺言書には自分で書ける自筆証書遺言と公証人に依頼して作成する公正証書遺言が一般的です。一番身近な自筆証書遺言の書き方についてまとめてみました。1.自筆証書遺言作成時の決まりごと自筆証書遺言には法律で定められた決まりごとがあります。

    続きを読む
  8. 外国人ビザ(在留資格)申請について

    外国人が日本に滞在し活動するためには出入国管理及び難民認定法で定められたビザ(在留資格)が必要です。一言に外国人ビザ(在留資格)申請といっても様々なものがありますので、内容について簡単に説明します。

    続きを読む
  9. 遺言書はなぜ必要なのか

    最近、街中や本屋等色々な所で目にすることが多くなった遺言。遺言書のない場合とある場合の違いについて事例を使って説明します。 1.事例)子供がいない夫婦の場合事例の家族構成・夫A男さんと妻B子さん。・AB夫妻は子供はいない。・A男さんは二人兄弟の長男。弟はC男さん。

    続きを読む
ページ上部へ戻る